スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん増殖阻止率96.7%(国立がんセンター研究所研究)の報告 

がん細胞の増殖阻止率  96.7%の報告
(国立がんセンター研究所 池川博士グループ他研究)

抗がん剤 驚異の96.7%抑制率!
 コフキサルノコシカケ 64.9%
 カワラタケ        77.5%
 シイタケ         80.7%


  
メシマコブ  96.7%


 フジテレビ “スーパーニュース” 「驚異のきのこ・メシマコブ」
  ・愈益東博士(韓国生命工学研究所) 抗ガン効果薬として認可されている韓国の状況
  ・内藤先生(住友記念病院理事長・KYG協会学術会員)
  ・鶴純明博士(日本代替医療学会長) データで効果が評価されているものを医師が使う事は望ましい
 雑誌 “フライデー”
  「5週間後の悪性腫瘍増殖阻止率をみると、メシマコブが96.7%という驚異的な阻止率」を示した。
   韓国では国家的に取組み「メシマ」が制がん効果がある免疫賦活剤として認可・販売。   
 シリーズ健康の科学No.8 きのこ健康読本2
   代替医療の牽引役を期待される「メシマ」
   機能性きのこの臨床研究



メシマコブ がん抑制・がん治療 驚異の効果指摘されているメシマコブの特徴

日本では未だ医薬品としては認められておらず健康食品として扱われます。医師による治療が前提で、以下の効果を断定するものではありません。
 1.抗がん効果
 2.免疫増強効果
   ガン患者のT細胞、B細胞、NK細胞、マクロファージ数値
   を増大させる免疫増強作用。
 3.化学治療効果を増大、副作用の抑制
   化学療法との併用で副作用が減少。術後患者に科学
   療法と併用する事で抗ガン効果が著しく増強。
 4.安全
   細胞毒性が無く、長期で投与し続けることが可能。
   化学療法との併用で副作用を大幅に低減。


但し、韓国では1997年から製品化されメジャーなガン治療薬として導入されており豊富な臨床例があります
※「茶山賞」「科学技術賞」「IR52賞」「国務総理賞」等を受賞
日本でも多くの医療機関で研究が進められています。


 参考リンク
  ・骨ガンが回復・たった2ヶ月で肺がんが小さく・放射線副作用が軽く・手術を受けずに乳がん回復
  ・末期がんを消したメシマコブとは何ですか?
  ・免疫機能が129倍もアップ
  ・メシマコブの研究
  ・腫瘍の高い阻止率
  ・延命効果・転移抑制・副作用抑制・生存率向上
  ・がん治療最前線・食べて効くメシマコブ
  ・医師の証言 副作用を抑え延命に効果あり


人口生成したものではありません。天然の純粋メシマコブです。

安価なものではありませんので少量から購入し試用してみる事もできます。(30包)ただし、一部の医療機関では2~3ヶ月程度服用した結果を踏まえ効果があったと考えられれば服用を継続し、改善がみられなければ別の治療法を検討するようです。(90包)



医師、医学博士等の専門家によるメシマコブ関連書籍(リンク)

 ・ガン臨床医は、なぜ「メシマコブ」を使うのか
  基礎研究データと臨床報告が実証する驚異の抗ガン効果 ガン医療現場で注目される最強のキノコ 現代書林
 ・水溶性メシマコブで末期ガン早期消滅―レントゲン写真が証明 ライブ出版
 ・がん戦争に勝利!!メシマコブ―あなたの味方になってくれる抗がんキノコ 騒人社
 ・再発・転移ガンに克つ!―どの部位でも効き目が認められた酵素処理メシマコブの力 青山書籍
 ・ガン免疫療法最前線 ガン臨床医17人の証言 「メシマコブ」を使う理由―驚異の抗ガン効果とその医学的根拠
 ・実証「天然メシマコブ」でガンが治った!―免疫力を強化!ガン細胞が自滅! 史輝出版
 ・再発・転移 ガン生還者があなたに贈る7つのアドバイス―酵素処理メシマコブで助かった人の「ガン養生学」
 ・免疫活性メシマコブがガンに負けない力をくれた!―ガン患者113人の改善例を厳選取材! 史輝出版
 ・酵素処理メシマコブで転移・再発ガンから生還!―21人のガン克服記録 酵 史輝出版
 ・複合メシマコブが見せるガン免疫療法の可能性―データが示すガン改善力を徹底分析 史輝出版
 ・細胞壁破砕メシマコブで余命宣告を受けた進行ガンから救われた!! ライブ出版
 ・ガン臨床医30人の証言―ガン免疫療法最新リポート この「メシマコブ」がガンに効く! ごま書房
 ・腫瘍阻止率ナンバー1 最強のキノコ「メシマコブ」がガンに効く 現代書林
 ・父は、母は、夫は、なぜ余命宣告を乗り越えることができたのか!! 青山書籍
 ・メシマコブがガンに効く―あなたの免疫力を最強にする驚異の抗ガンきのこがある! 河出書房新社

 ・その他


 ・世界中で学術的に研究されている数多くの報告

人口生成したものではありません。天然の純粋メシマコブです。

安価なものではありませんので少量から購入し試用してみる事もできます。(30包)ただし、一部の医療機関では2~3ヶ月程度服用した結果を踏まえ効果があったと考えられれば服用を継続し、改善がみられなければ別の治療法を検討するようです。(90包)

販売業者及び特定商取引法の基づく表記   プライバシーポリシー

免責事項   お問い合わせ   ご購入について



スポンサーサイト

 


・天然メシマコブ子実体の成分研究:
荻原幸夫, 伊藤静恵, 春名光昌, 永津明人, 加藤節子, 水上元, 平山秀樹, 岸本慶一,日本薬学会124年会講演要旨集(0918-9823)2号,Page132(2004.03)

・メシマコブ(Phellinus linteus)とチャーガ(Fuscoporia obliqua)による抗腫瘍効果と放射線防護効果に関する研究:
寺井薫, 具然和, 田中堅一郎, 田邊裕郎,中島煕,日本薬学会124年会講演要旨集(0918-9823)2号 Page113(2004.03)

・天然に自生するメシマコブの高分子成分の解析:
清原寛章, 松本司, 山田陽城, 高橋宏之, 平山秀樹, 重本桂,日本薬学会124年会講演要旨集(0918-9823)2号 Page111(2004.03)

・メシマコブ菌糸体の大量培養に関する研究:
坂井至通, 水谷和人, 水野昌樹日本薬学会124年会講演要旨集(0918-9823)2号,Page104(2004.03)

・ガンの症例を巡って(76):
広瀬滋之,漢方療法7巻8号 Page622-624(2003.11)

・ヒト前立腺癌細胞株PC-3,LNCapに対するPhellinus Linteus抽出物の増殖抑制効果及びホルモンレセプター・TGF-βの発現に与える影響:
柴田康博, 柏木文蔵, 深堀能立, 鈴木和浩, 山中英壽,日本癌治療学会誌(0021-4671)38巻2号 Page657(2003.09)

・ヤマブシタケ及びメシマコブの薬理作用と,改善効果について:
奥泉仁一,薬理と臨床(0917-3994)13巻5号 Page457-474(2003.09)

・薬用キノコPhellinus linteus(メシマコブ)から単離した酸性多糖類による実験的マウス敗血症性ショックの緩和(Alleviation of Experimental Septic Shock in Mice by Acidic Polysaccharide Isolated from the Medicinal Mushroom Phellinus linteus):
KimGi-Young, RohSu-In, ParkSoon-Kew, AhnSoon-Cheol, OhYang-Hyo, LeeJae-Dong, ParkYeong-Min,Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)26巻10号 Page1418-1423(2003.10)

・Propolisとphellinus Linteusの放射線防護効果に関する研究:
田中堅一郎, 具然和, 岡本秀史, 鈴木郁功,日本癌学会62回総会記事(0910-5050)Page410(2003.08)

・がん看護 健康補助食品の利用にどう対応する? がんの補完代替医療のいま:
鈴木信孝,エキスパートナース(0911-0194)19巻11号 Page10-13(2003.09)

・PropolisとPhellinus Linteusの放射線防護効果に関する研究:
具然和, 山下剛範, 鈴木郁功,大嶋正己,医学と生物学(0019-1604)146巻6号Page111-116(2003.06)

・ガンの症例を巡って(74):
広瀬滋之(広瀬クリニック),漢方療法7巻6号 Page454-456(2003.09)

・メシマコブ(Phellinus linteus)標品投与マウスにおけるマクロファージとリンパ球の活性化:
石橋弘子, 小宮真由美, 丸山奈保,安部茂, 山口英世,応用薬理(0300-8533)65巻1~2Page35-38(2003.07)

・マウスのコラーゲン誘導関節炎の予防と治療におけるPhellinus linteus(メシマコブ)から単離したプロテオグリカンの経口投与(Oral Administration of Proteoglycan Isolated from Phellinus linteus in the Prevention and Treatment of Collagen-Induced Arthritis in Mice):
KimGi-Youn:, KimSeung-Hoon, HwangSue-Yun, KimHo-Youn, ParkYeong-Min,ParkSoon-Kew, LeeMin-Ki, LeeSang-Hwa, LeeTae-Ho, LeeJae-DongSource:Biological & Pharmaceutical Bulletin(0918-6158)26巻6号 Page823-831(2003.06)

・がんの代替療法に関するデータベースの作成:
今西二郎, 栗山洋子, 渡邊聡子日本癌治療学会誌(0021-4671)37巻2号 Page267(2002.09),論文種類:会議録

・RAPD法による市販(日本,韓国)桑黄の遺伝的関連性の解析:
朴柄或, 劉載国, 洪南斗, 兪益東, 松永政司, 宇住晃治, 太田富久,日本生薬学会48回年会講演要旨集(0919-1992) Page244(2001.09)

・癌治療における代替療法の役割(メシマコブの使用経験から):
吉澤明孝, 吉澤孝之,日本東洋医学雑誌(0287-4857)54巻別冊 PageS178(2003.04)

・ヌードマウスを用いたヒト膵がんに対するSHOMEの抗腫瘍効果:
島添隆雄, 瀧口総一, 崔清平, 間宮群二, 渡辺繁紀,日本癌学会61回総会記事(0910-5050) Page418(2002.10)

・メシマコブ由来の抗腫瘍多糖の構造研究:
山本晃子, 塚本佐知子, 太田富久,日本薬学会121年会講演要旨集(0918-9823)2号 Page131(2001.03)

・子実体を用いる菌類の生薬学的研究(1) 市場品桑黄,梅寄生,メシマコブについて:
久田陽一, 奥田和代, 川村智子, 野呂行男, 近藤寿美,日本薬学会121年会講演要旨集(0918-9823)2号 Page109(2001.03)

・市場品のいわゆるメシマコブの形態について(英語):
久田陽一, 奥田和代, 川村智子, 近藤寿美,Natural Medicines(1340-3443)56巻1号 Page21(2002.02)

・いま,なぜ代替医療なのか!? 免疫システムを高める最強キノコ,メシマコブ:
宮野のり子,PROVET(1345-3157)171号 Page80-81(2001.11)

・メシマコブとその臨床応用について:
宮野のり子(動物病院NORIKO),小動物臨床(0286-9616)18巻4号 Page25-31(1999.07)

・食用きのこの抗がん作用、35年の研究でわかったこと:
池川哲郎、きのこ健康読本2、シリーズ健康の科学No.8、24-28、東洋医学舎、1999

・経口投与で最強の効果を示すメシマコブの抗腫瘍活性:
東洋医学舎編集部、きのこ健康読本2、シリーズ健康の科学No.8,46-53,東洋医学舎、1999

・メシマコブ:
本田京子他監修、食の医学館、554、小学館、2002

・メシマコブ:
奥田拓道監修、2000-2001 改定新版健康・栄養食品事典機能性食品・特定保健用食品、212-213、東洋医学舎、2000

・Effect of medicinal plant extracts on forced swimming capacity in mice:
Kyungah Jung,In-Ho, Kim,Daeseok Han,Journal of Ethnophmacology,93(1),75-81,2004

・Anti-inflammatory and related pharmacological activities of the n-BuOH subfraction of mushroom Phelinus linteus:
Sun-Hyoung Kim,Yun-Seon Song,Seung-Kook Kim,Byung-Chul Kim,Chang-Jim Lim,Eun-Hee Park,Journal of Ethnopharmacology,93(1),141-146,2004


・Identification of novel substituted fused aromatic compounds,meshimakobnol A and B,from natural Phellinus linteus fruit body:
Akito Nagatsu,Shizue Itoh,Rie Tanaka,Setsuko Kato,Mitsumasa Haruna,Keiichi Kishimoto,Hideki Hirayama,Yukihiro Goda,Hajime Mizukami,Yukio Ogihara,Tetrahedron Letters,2004,

・Acidic polysaccharides isilated from Phellinus linteus induce phenotypic and functional maturation of murine dendritic cells:
Soon-Kew Park,Gi-Young Kim,Jae-Young Lim,Jong-Young Kwak,Yoe-Sik Bae,Jae-Dong Lee,Yang-Hyo Oh,Soon-Cheol Ahn,Yeong-Min Park,Biochemical and Biophysical Research Communications,312(2),449-458,2003

・Acidic polysaccharide isolated from Phellinus linteus induces nitric oxide-mediated tumoricidial activity of macrophages through protein tyrosine kinase and protein kinase C:
Gi-Young Kim,Yang-Hyo Oh,Yeong-Min Park,Biochemical and Biophysical Research Communications,309(2),399-407,2003

・Anti-angiogenic,antioxidant and xanthine oxidase inhibition activities of the mushroom phellinus:
Yun Seon Song,Sun-Hyoung Kim,Jae-Hoon sa,Chanbae Jin Lim,Eun-Hee Park,Journal of Ethnopharmacology,88(1),113-116,2003

・Proteoglycan isolated from Phellinus linteus activates murine B lymphocytes via protein kinase C and protein tyrosine kinase:
Gi-Young Kim,Soon-Kew Park,Min-Ki Lee,Sang-Hwa Lee,Yang-Hyo Oh,Jong-Young Kwak,Sik Yoon ,Jae-DongLee,Yeong-MinPark,InternationalImmunophamacology,4(9),1281-1292,2003

・Production and characterization of exopolysaccharides from submerged culture of Phellinus linteus KCTC6190:
Hye-Jin Hwang,Sang-Woo Kim,Jang-Won Choi,Jong-Won Yun,Enzyme and Microbial Technology,33(2-3),309-319,2003

・Purification and characterization of acidic proteo-heteroglycan from the fruiting body of Phellinus linteus:
Gi-Yong Kim,Hyung-Sik Park,Byong-Hyok Nam,Sang-Jun Lee,Jae-Dong Lee,Bioresource Technology,89(1),81-87,2003

・Antimutagenicity and induction of anticarcinogeneic phase II enzymes by basidiomycetes:
Yun-Hee Shon,,Kyung-Soo Nam,Journal of Ethnophamacology,77(1),103-109,2001

・The inhibitory effect of polysacchariders isolated from Phellinus linteus on tumor growth and metastasis:
Sang Bae Han,Chang Woo Lee,Young Jin Jeon,Nam Doo Hong,Ick Dong Yoo,Kyu-Hwan Yang,Hwan Mook Kim,Immunophrmacology,41(2),157-164,1999

・Stimulation of humoral and cell mediated immunity by polysaccaride from mushroom Phellinus linteus:
Hwan Mook Kim,Sang Bae Han,Goo Taeg Oh,Young Hee Kim,Dong Ho Hong,Nam Doo Hong,Ick Dong Yoo,International Journal of Immunophmacology ,18(5),1996

・Implication of active oxygen scavenging effect on antimutagenesis of a medicinal mushroom Phellinus linteusTeng:
Kimura T.,S.Hayashi,S.Ueda,H.Nishioka,Mutation Research Environmental Mutagenesis and Related Subjects,334(3),1995

 


・メシマコブ
メシマコブメシマコブは桑などの広葉樹(通常20年~30年ほどの古木)の幹に寄生するタバコウロコタケ科キコブタケ属のコブ状のキノコ。
日本では、九州の男女群島の女島(メシマ)で多く採取されサルノコシカケに似た形をしている。菌傘は木質、偏半球、馬蹄形で柄や模様はなく幹に直接寄生する。
色は浅褐色、暗褐色、黒色。

甘辛く無毒。
限られた場所にわずかにしか生育せず人工栽培が非常に難しくため貴重とされてきた。


・日本での研究
国立ガンセンター研究所の池川博士のグループ、東京大学の柴田研究室の研究論文が発表され、韓国が国家的プロジェクトとして研究を始めた。
含む成分が多かったこと、採取や生育が困難だったことから日本での研究は長期間に亘って停滞してきた。
一方、韓国が強く取り組んできたため10年の歳月をかけて人工栽培に成功し医薬品としての製品化も開始した。

・成分
メシマコブはシイタケやサルノコシカケなどキノコの中でも最も優秀な成分を含んでいることは知られていた。
安定供給が難しかったが、β-D-グルカンなどの高分子多糖体が豊富な健康食品として日本でも入手できるようになってきた。
日本では未だ医薬品ではないが、多くの医療機関でPL2、PL5株培養菌糸体が治療目的に用いられ好結果が報告されている。


<<ガンとメシマコブの関係について>>




 

メシマコブ がん抑制・がん治療 驚異の効果指摘されているメシマコブの特徴

日本では未だ医薬品としては認められておらず健康食品として扱われます。医師による治療が前提で、以下の効果を断定するものではありません。
 1.抗がん効果
 2.免疫増強効果
   ガン患者のT細胞、B細胞、NK細胞、マクロファージ数値
   を増大させる免疫増強作用。
 3.化学治療効果を増大、副作用の抑制
   化学療法との併用で副作用が減少。術後患者に科学
   療法と併用する事で抗ガン効果が著しく増強。
 4.安全
   細胞毒性が無く、長期で投与し続けることが可能。
   化学療法との併用で副作用を大幅に低減。


但し、韓国では1997年から製品化されメジャーなガン治療薬として導入されており豊富な臨床例があります
※「茶山賞」「科学技術賞」「IR52賞」「国務総理賞」等を受賞
日本でも多くの医療機関で研究が進められています。


 参考リンク
  ・骨ガンが回復・たった2ヶ月で肺がんが小さく・放射線副作用が軽く・手術を受けずに乳がん回復
  ・末期がんを消したメシマコブとは何ですか?
  ・免疫機能が129倍もアップ
  ・メシマコブの研究
  ・腫瘍の高い阻止率
  ・延命効果・転移抑制・副作用抑制・生存率向上
  ・がん治療最前線・食べて効くメシマコブ
  ・医師の証言 副作用を抑え延命に効果あり


人口生成したものではありません。天然の純粋メシマコブです。

安価なものではありませんので少量から購入し試用してみる事もできます。(30包)ただし、一部の医療機関では2~3ヶ月程度服用した結果を踏まえ効果があったと考えられれば服用を継続し、改善がみられなければ別の治療法を検討するようです。(90包)


・メシマコブ
メシマコブメシマコブは桑などの広葉樹(通常20年~30年ほどの古木)の幹に寄生するタバコウロコタケ科キコブタケ属のコブ状のキノコ。
日本では、九州の男女群島の女島(メシマ)で多く採取されサルノコシカケに似た形をしている。菌傘は木質、偏半球、馬蹄形で柄や模様はなく幹に直接寄生する。
色は浅褐色、暗褐色、黒色。

甘辛く無毒。
限られた場所にわずかにしか生育せず人工栽培が非常に難しくため貴重とされてきた。


・日本での研究
国立ガンセンター研究所の池川博士のグループ、東京大学の柴田研究室の研究論文が発表され、韓国が国家的プロジェクトとして研究を始めた。
含む成分が多かったこと、採取や生育が困難だったことから日本での研究は長期間に亘って停滞してきた。
一方、韓国が強く取り組んできたため10年の歳月をかけて人工栽培に成功し医薬品としての製品化も開始した。

・成分
メシマコブはシイタケやサルノコシカケなどキノコの中でも最も優秀な成分を含んでいることは知られていた。
安定供給が難しかったが、β-D-グルカンなどの高分子多糖体が豊富な健康食品として日本でも入手できるようになってきた。
日本では未だ医薬品ではないが、多くの医療機関でPL2、PL5株培養菌糸体が治療目的に用いられ好結果が報告されている。


人口生成したものではありません。天然の純粋メシマコブです。

安価なものではありませんので少量から購入し試用してみる事もできます。(30包)ただし、一部の医療機関では2~3ヶ月程度服用した結果を踏まえ効果があったと考えられれば服用を継続し、改善がみられなければ別の治療法を検討するようです。(90包)

販売業者及び特定商取引法の基づく表記   プライバシーポリシー

免責事項   お問い合わせ   ご購入について



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。